年をとっても美しいをめざす全ての女性へ
やさしいエイジングケア
アンチエイジング

【アンチエイジングの最先端】幹細胞とは?わかりやすく説明する

スキンケア

最近よく聞くようになってきた幹細胞。

市販のコスメの中にも幹細胞コスメなどというものが見られるようになってきました。

言葉はよく聞くけど、そもそも幹細胞っていったい何?

えりか
えりか
医療なの? エステ? 化粧品?

最新医療技術によって開発され色々な形で使われていますが、コスメの分野でも、エイジングケアとしてこれからさらに注目をあびていくのは間違いないです。

幹細胞コスメは海外ではもう広く認知されてきているんです。

なるべくわかりやすくまとめてみました。

 

幹細胞を簡単に定義する

幹細胞を wikipediaで調べてみると

幹細胞の定義をwikipediaで調べてみると、以下のように記述があります。

幹細胞(かんさいぼう、stem cell)は、分裂して自分と同じ細胞を作る(Self-renewal)能力(自己複製能)と、別の種類の細胞に分化する能力を持ち、際限なく増殖できる細胞と定義されている。発生における細胞系譜の幹 (stem) になることから名付けられた。幹細胞から生じた二つの娘細胞のうち、少なくとも一方が同じ幹細胞でありつづけることによって分化細胞を供給することができる。この点で分化した細胞と異なっており、発生の過程や組織・器官の維持において細胞を供給する役割を担っている。
幹細胞では分化を誘導する遺伝子の発現を抑制する機構が働いており、これは外部からのシグナルやクロマチンの構造変換などによって行われる。普通の体細胞はテロメラーゼを欠いているため細胞分裂の度にテロメアが短くなるが幹細胞ではテロメラーゼが発現しているため、テロメアの長さが維持される。これは分裂を繰り返す幹細胞に必要な機能である。幹細胞の性質が維持できなくなると新たな細胞が供給されなくなり、早老症や不妊などの原因となる。(引用:wikipedia)

 

なかなかわかりにくいですね〜

幹細胞を英語で言うと「stem cell」と言うのですね

 

幹細胞をひと言で言うと

 

要するに、

幹細胞は「細胞を新しく作る細胞」です。

簡単ですね。

例えば、怪我をした時、時間が経つと治癒しますよね。

皮膚の幹細胞は、怪我をした場所の皮膚を治すために新しく皮膚細胞を作るというわけです。

幹細胞は、私たちの体の健康を保ち、老化を防ぐ重要な役割をもっているわけです。

幹細胞には大きく分けて2つの力があります。

幹細胞2つの能力

同じ細胞を作る力

違う細胞を生み出す力

幹細胞は分列して、同じ幹細胞になれるし、また他の細胞を生み出すこともできます。

皮膚幹細胞が皮膚細胞を作るのは2つ目の能力ですね。

 

幹細胞の種類

 

幹細胞にも色々な種類があります。

ニュースなどにもなったIPS細胞やES細胞も幹細胞の一種ですね。

IPS細胞とES細胞の違い

ES細胞の定義をwikipediaで調べてみると、以下のように記述があります。

胚性幹細胞(はいせいかんさいぼう、英: embryonic stem cells)とは、動物の発生初期段階である胚盤胞期の胚の一部に属する内部細胞塊より作られる幹細胞細胞株のこと。英語の頭文字をとって、ES細胞(イーエスさいぼう、ES cells)と呼ばれる。(引用:wikipedia)

 

IPS細胞の定義をwikipediaで調べてみると、以下のように記述があります。

人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう、英: induced pluripotent stem cells)とは、体細胞へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性 (pluripotency)[注 3]と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。2006年(平成18年)、山中伸弥率いる京都大学の研究グループによってマウスの線維芽細胞(皮膚細胞)から初めて作られた。(引用:wikipedia)

 

IPSなどの幹細胞は他の細胞を生み出す力があることから、病気やケガなどで損傷した組織や細胞を治療する「再生医療」のために、今、研究が盛んに行われているのです。

 

 

幹細胞コスメとは

エイジングケアコスメなどに使われる幹細胞培養液

新しいアンチエイジングとして注目を浴びているエイジングケア美容液やクリームなどには、幹細胞ではなく幹細胞培養液が配合されています。

日本では化粧品に細胞を配合することは禁じられているのです。

再生医療ブームを背景に、幹細胞培養液が配合された新しいエイジングケア化粧品が一般に市販され購入できるようになってとても注目を集めています。

 

原料は「ヒト由来」か「植物由来」が安全

幹細胞培養液のエキスが配合されたコスメは、原料として「ヒト由来」「動物由来」「植物由来」の3種類ありますが、今日本で流通しているは、「ヒト由来」と「植物由来」のものです。

「動物由来」の原料はアレルギーや衛生面などの安全性の問題が考えられるということで、日本では出回っていません。

ヒト由来幹細胞

ヒトの脂肪から採取した脂肪幹細胞を培養した液を使用していることが多いです

植物由来幹細胞

原料として「ウトビラー・スパトラウバー」という種類のリンゴなどが有名です

 

幹細胞とプラセンタの違い

エイジングケアサプリの中にはプラセンタを含有しているものがあります。

プラセンタは胎盤のことで、人間以外の哺乳動物は出産後には胎盤を食べてしまうというほど、自然治癒力があるとされています。

アミノ酸やビタミン類など各種栄養素が含まれていることから、サプリメントとして動物の胎盤を由来とした関連商品が多く市販されています。

 

美容液 オールインワンクリーム 化粧水 クレンジング

幹細胞コスメとしては色々な形で市販されている商品があります。

これらの化粧品はどれも幹細胞コスメとして売られていても、幹細胞自体が含まれているのではなく、培養液から取ったエキスが使われています。

美容液

オールインワンクリーム

化粧水

クレンジングクリーム

 

幹細胞コスメの副作用

幹細胞コスメに関しては、幹細胞自身ではなく、幹細胞の培養液が使われているので、副作用のリスクはないといわれています。

 

えりか
えりか
幹細胞コスメはこらからさらに開発が進む分野。しっかり調べて情報をお届けしますね。